スムーズな査定の進め方【500購入編】

有効的な商談を行うためには
乗用車を査定要求する折は、査定担当者の対応を見て様子をつかむことが大切です。
最終的に、査定をするのは人間です。その方の品性にもよりますが、感じを探ることで、部分的の査定額の流れを把握することができます。仮に、査定の際、担当者に真剣さをあまり感じられないような場合は、高値は望めないでしょう。

 

そんな序で、かけあいをやめて、他のディーラーに切り替えた方がいいかもしれません。フィーリングのよくない査定担当者に対して、いくら愛車のアピール要点を言い通してもそれが通ることは難しくなります。査定士はプロなので、誘引しなくても基本的に査定ポイントアップの点は見逃しません。

 

商談終了させるべきタイミング

最後を早めすぎてむちゃに成約すると、後で他のディーラーの査定額をみて後悔することになるので、感触がよろしくない時は、あっさり切り上げる方が安全です。鑑定する人に対しては、少しは売り込みしてもいいのですが、あまりしつこすぎると逆に感触が悪くなるので、注意しなければなりません。

 

担当者は早い段階で契約を取りたいと思っています。結果、良い触りを得ていたとしても、慎重に対応する必要があります。

 

 

500の新車を通常よりも50万円安く買える方法と、値引拡大や下取り査定アップの流れを紹介しています。